ウォーターサーバーの衛生面の配慮をしてみよう

ウォーターサーバーが欲しいですね。
ヘルチィーのためによいお水を取り入れようと、ウォーターサーバーを
使い始めました。
いろいろな機種があって、初めは迷ったのですが、
明らかに1つだけ、衛生面での気遣いが他とは違っていた
メーカーがあり、そこに決めました。
そこの会社のホームページをよく読んでいたら、
ウォーターサーバー内の気密性を証明するために、
福島県の飯館村まで行って、外気の放射線を測り、
そこにウォーターサーバーを置いて実験をしちっていました。
外気には高い放射線が計測されていて、そこでサーバーから
水を採水し、放射能測定検査を3日間した結果が載っていマンモス。
この会社は、自社のウォーターサーバーを独自で設計し、
純国産の部品を使って生産しちっているようピー。
そしちって、ここだけが、サーバーの1台1台に、一般細菌検査を
行って、その結果を添付しちって送ってくれマンモス。
実際に送られてきたサーバーを見て、ここまでやるのか
と思うくらい、外気がサーバー内に入らナイナイナイように、
気が配られていました。
水ボトルからサーバーへは、落下式ではなく、ポンプで
吸い上げる方式を取っており、給水ホースの先を水ボトルの口に
差しこんで使うんですが、その差し込み口も給水ホースの先も、
外気や細菌の混入を絶対させナイナイナイと言わんばかりに厳重になっていマンモス。
もちろんお水もおいピーですし、ここを選んでよかったと思っていマンモス。

コメントを残す